祝儀袋は袱紗で包む!これは基本マナー

祝儀袋を包むふくさ(袱紗)・風呂敷の基礎知識

祝助 トップ » 祝儀袋の基礎知識 » ふくさ・風呂敷のマナー

祝儀袋/ふくさ(袱紗)のマナー、選び方

ふくさ(袱紗)・風呂敷のマナー、選び方

祝儀袋やお祝いの品を包む風呂敷の事をふくさ(袱紗)、又は小富久紗(こぶくさ)・手袱紗(てふくさ)などと言います。

そのまま相手に祝儀袋や御祝の品を渡すのは、非常に失礼に当たり、このような風呂敷に包んで渡す事がマナーとなっています。

よくこの事を知らずそのまま相手に手渡ししたり、はたまた祝儀袋を購入した際に包んであったビニール袋を使い、そのまま相手に渡している方をたまに見かけます。

これは大変失礼に当たる行為です。決して行わないで下さい。

しかし、なぜこのようにお祝の品を包んで渡すようになったのでしょう・・・。

それは日本古来、人の手は色んな物を触っているので汚れており、不浄のものであるとされてきたからです。

そしてそのまま相手に渡す事により、その不浄のモノが移ってしまうと考えられてきました。

このようにふくさ(袱紗)で包む事により、お祝の品が穢れることなく清らかな物として渡すことが出来るとされています。


祝儀袋/ふくさ(袱紗)にも色々

慶事で使われるふくさ(袱紗)を選ぶ際、幾つかのマナーが必要となってきます。

先ず色に関してですが、基本的には赤系の色を用います。エンジ・赤・紫など。
紫に関しては、慶事、弔事両方で用いる事が出来ます。

そして柄に関しては、無地のものであれば一番良いのですが、松・竹・梅や寿・翁・高砂などの目出度い柄なども用いられます。

また、最近ではケースタイプのふくさ(袱紗)もあり、包む手間が省け丈夫でしっかりとした物が主流になってきています。

各ご家庭で一つは用意しておきたいものです。


ふくさ(袱紗)が無い場合は?

急に祝儀袋や贈り物をしなければならず、ふくさ(袱紗)が無い場合には、そのまま渡すのではなくハンカチや小さな風呂敷などで代用し相手に渡す、という心使いは必要ではないでしょうか。

ケースタイプ »
便利でデザイン性にも優れたケースタイプの袱紗をご紹介。

風呂敷 »
祝儀袋を包む風呂敷をご紹介。最近は様々な色や柄の風呂敷があります。


祝儀袋/ふくさは2種類ある

ふくさには「帛紗」、「袱紗」という2種類の書き方があります。

これは、大きさやデザインにより変ってくるものです。



また、ふくさには「染め」と「織り」2種類のタイプがありますが、どちらでもお好みの物をご利用頂ければ良いのではないでしょうか。

しかしあえて言うならば、「織り」の方が格式を重んじた場所では好ましいようです。


風呂敷の豆知識

余談ではありますが、風呂敷の語源について述べたいと思います。

ふろしきは、平安時代「ひらずつみ」と呼ばれ、江戸時代に入ってから「風呂敷」と呼ばれるようになったようです。

当時、銭湯と言うものが流行り、褌(ふんどし)や湯文字などの衣類を脱いだ後、それらを包む為の布を風呂場で広げ、敷いた物が「風呂 敷」の語源になったようです。

| 祝儀袋をお探しならココがおススメ!
典礼用品(のし袋・色紙・芳名帳) :ラッピングクラブ

ラッピング倶楽部【Wrapping Club】本店

ラッピング用品はもちろん、ブライダル用品やホビークラフト用品、文具、輸入雑貨などなど、幅広いアイテムを網羅しているネット通販サイト。

そんな専門店が提供するご祝儀袋は、センスも良く非常にお手頃な価格帯で販売されています。

人気の【Mark's/マークス】金封をはじめ、カランコロン京都とコラボレーションした和テイストのカジュアル金封も取り扱っています

また、ご祝儀と一緒にプレゼントもご用意されている方には、ラッピング専門店ならではの様々なアイテムがきっと役に立つはずです♪

代引き・各種クレジットカードでの決算にも対応しいます。

是非、チェックして見下さい!


典礼用品(のし袋・色紙・芳名帳) :ラッピングクラブ

祝儀袋の基礎知識 コンテンツ

祝儀袋、表書きの書き方

最初に迷うのがこの表書き。何て書けばいいのか?と言うか、その前に何を書けばいいのか解らない!そんな疑問にお答えします。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 短冊の注意点

祝儀袋の表書き。最近主流となっている短冊を添えてのスタイル。しかし、ここでもチョッとしたマナーがあります。
詳細はこちら »

中包み、表書きの書き方

次に迷うのがこの中包み。どこに何を記載すればいいのか。また、包んだ金額に関してもここに記載するのか・・・などなど、中包みの書き方について説明しています。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 代書

その前に、そもそも字が汚い!ましてや筆ペンなんかで書いたらホントお粗末な字になってしまい、とっても恥ずかしい・・・。そんな人の為に、代筆というものがあります。
詳細はこちら »

文字・数字には注意を

お祝い事で注意したいのが縁起の悪い数字。これは包む金額や記載する数字など全てに当てはまります。どうかご注意を!
詳細はこちら »

祝儀袋の選び方

その地方の習慣などでも変わってきますが、先ず包む金額によっても祝儀袋の選び方は変わってきます。
詳細はこちら »

水引の種類

祝儀袋を飾る水引。しかし、お祝いの種類によってもこの水引は違ってきます。何度あっても良いお祝い事と、一度だけで良いお祝い事。それによって水引の種類も変わってきます。
詳細はこちら »

幾ら包めばいいの?

これが最大の問題ではないでしょうか?お祝いする相手が自分にとってどんな立場の人なのか。この辺からも包む金額は違ってきます。
詳細はこちら »

ふくさ(袱紗)の包み方

意外と知らないのがこの袱紗(ふくさ)。祝儀袋であろうが香典袋であろうが、必ずこの袱紗に包んで持っていくのがマナーです。
詳細はこちら »

のし(熨斗)って何?

あの祝儀袋の右上に付いている飾り。余り意識はしていなかったが何なのだろうと不思議に思われている方も多いのでは?大人の知識として知っておきましょう。
詳細はこちら »

祝儀袋 中包み(奉書紙・和紙)お金の包み方

お金を包む中包み。祝儀袋を買えば必ず付いているので余り問題ではないですが、奉装紙や半紙で包む場合の方法をここではご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋 中袋(封筒)お金の包み方

祝儀袋の中袋(封筒タイプ)に祝い金を入れる場合の向きや上包みへの入れ方などをご紹介。
詳細はこちら »

お多芽とは

オタメ?余り聞きなれない言葉ですが、お祝い返しをする際用いられる祝儀袋です。
詳細はこちら »

ポチ袋とは

小さい頃、誰しも貰ったお年玉。その袋のことをぽち袋と言います。ここでは甥っ子や姪っ子などにあげるのに必要なぽち袋をご紹介しています。
詳細はこちら »

ふくさ・風呂敷のマナー

祝儀袋や贈り物を持っていく際に必要なくるのがこの袱紗(ふくさ)や風呂敷。そんな袱紗の基本的な知識とマナーをご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »