祝儀袋 表書きの基本

祝儀袋 表書きに用いられる文字とは

祝助 トップ » 祝儀袋の基礎知識 » 表書きの書き方 注意点

祝儀袋、表書きの書き方 注意点

祝儀袋に表書きを書く際、注意して頂きたいのは使用する筆に関してです。

慶事の場合、濃い墨で太く書く事により「幸せが太く長く」と言う意味合いがあります。
その逆に、弔事では「涙で薄れる」と言う意味から細く薄い墨を用います。

用いる筆は、毛筆・筆ペン・サインペンを使用し、万年筆やボールペンなどは避けるようにして下さい。

【豆知識】
表書きは、本来贈り物をする際、品名と数量並びに贈り主の名を記載した目録を一緒に供えることが始まりでした。
しかし、現在では品物の代わりに現金が贈られるようになったので、品名の代わりに「御祝」や「寿」などが用いられるようになりました。

筆ペンなどで記載するのが苦手だと言われる方も多いと思われます。
そこで祝儀袋などをご購入された際、無料で代筆を行っているお店もあります。

» 祝儀袋 表書き 代書
祝儀袋を購入した際、表書きの代筆を行ってくれるお店をご紹介。

祝儀袋/上包みの表書き

祝儀袋の上包みには、表書きや名前を書く上で幾つかの決まり事があります。
個人やグループ、又は会社の代表として書く場合により、それぞれ違いがあります

そこでここでは、幾つかの例に基づいて紹介していきたいと思います。

祝儀袋 個人名での書き方

【個人名】

表書きは、水引の結び目中央上部に記載。名前は結び目の下部中央にフルネーム(性・名)で書きます。

その際、「寿、御祝・・・」よりやや小さめの大きさで記入します。

また、赤丸で示している通り上下の感覚を均等に空けます。

祝儀袋 連名での書き方

【連名の場合】

基本的に連名の場合、3名までの名前を記載します。

その際、順番は地位の高い方並びに年長者の名前を中央下部に記入し、順に左側へ名前を記入していきます。

地位や年齢が関係の無い場合は、五十音順で記入していきます。

ご祝儀袋 表書き  グループ 書き方

【グループの場合】

グループのように数の多い場合は、代表者の名前を中央下部に記載し、左横に「外一同」と記入します。

残りの方の氏名は、半紙や奉書紙などに書き止め、中包みに同封します。

その際も右側に年長者並びに地位の高い方の名前を記入し、順次左側に記載していきます。

祝儀袋 会社名 書き方

【会社名を記入する場合】

会社名を記入する時は、まず氏名を中央下部に書き、右側に会社名を記入します。

その際、氏名より小さめの大きさで記入します。

祝儀袋 書き方 宛名入り

【宛名入りの場合】

祝儀袋を渡す相手の名前を記入する際、上部左側に記載します。

尚、連名の場合は矢印のように、左側下部から中央に向かって年長者、並びに地位の高い方の氏名を順に記入していきます。(年齢、地位が関係ない場合は五十音順)

祝儀袋 書き方 短冊

【その他】

水引や熨斗(のし)が豪華で表書きや氏名が書きづらい場合には、短冊などに記入してから挟むようにしておきます。

最近では、祝儀袋の中に表書きが印刷された短冊や無地の短冊など数枚セットで提供されています。



祝儀袋/表書きの例

祝儀袋の表書きってどんな文字を書けばいいのでしょうか。

お祝い事によって違う表書き。その言葉も多種多様です。
ここでは、結婚や出産などお祝いごとによって違う表書きをご紹介しています
是非、参考にしてみて下さい。

» 結婚祝いに関する表書き
» 出産祝いに関する表書き

祝儀袋の基礎知識 コンテンツ

祝儀袋、表書きの書き方

最初に迷うのがこの表書き。何て書けばいいのか?と言うか、その前に何を書けばいいのか解らない!そんな疑問にお答えします。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 短冊の注意点

祝儀袋の表書き。最近主流となっている短冊を添えてのスタイル。しかし、ここでもチョッとしたマナーがあります。
詳細はこちら »

中包み、表書きの書き方

次に迷うのがこの中包み。どこに何を記載すればいいのか。また、包んだ金額に関してもここに記載するのか・・・などなど、中包みの書き方について説明しています。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 代書

その前に、そもそも字が汚い!ましてや筆ペンなんかで書いたらホントお粗末な字になってしまい、とっても恥ずかしい・・・。そんな人の為に、代筆というものがあります。
詳細はこちら »

文字・数字には注意を

お祝い事で注意したいのが縁起の悪い数字。これは包む金額や記載する数字など全てに当てはまります。どうかご注意を!
詳細はこちら »

祝儀袋の選び方

その地方の習慣などでも変わってきますが、先ず包む金額によっても祝儀袋の選び方は変わってきます。
詳細はこちら »

水引の種類

祝儀袋を飾る水引。しかし、お祝いの種類によってもこの水引は違ってきます。何度あっても良いお祝い事と、一度だけで良いお祝い事。それによって水引の種類も変わってきます。
詳細はこちら »

幾ら包めばいいの?

これが最大の問題ではないでしょうか?お祝いする相手が自分にとってどんな立場の人なのか。この辺からも包む金額は違ってきます。
詳細はこちら »

ふくさ(袱紗)の包み方

意外と知らないのがこの袱紗(ふくさ)。祝儀袋であろうが香典袋であろうが、必ずこの袱紗に包んで持っていくのがマナーです。
詳細はこちら »

のし(熨斗)って何?

あの祝儀袋の右上に付いている飾り。余り意識はしていなかったが何なのだろうと不思議に思われている方も多いのでは?大人の知識として知っておきましょう。
詳細はこちら »

祝儀袋 中包み(奉書紙・和紙)お金の包み方

お金を包む中包み。祝儀袋を買えば必ず付いているので余り問題ではないですが、奉装紙や半紙で包む場合の方法をここではご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋 中袋(封筒)お金の包み方

祝儀袋の中袋(封筒タイプ)に祝い金を入れる場合の向きや上包みへの入れ方などをご紹介。
詳細はこちら »

お多芽とは

オタメ?余り聞きなれない言葉ですが、お祝い返しをする際用いられる祝儀袋です。
詳細はこちら »

ポチ袋とは

小さい頃、誰しも貰ったお年玉。その袋のことをぽち袋と言います。ここでは甥っ子や姪っ子などにあげるのに必要なぽち袋をご紹介しています。
詳細はこちら »

ふくさ・風呂敷のマナー

祝儀袋や贈り物を持っていく際に必要なくるのがこの袱紗(ふくさ)や風呂敷。そんな袱紗の基本的な知識とマナーをご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »