祝儀袋の中包みには何と書けば良いの?

祝儀袋 表書きに用いられる文字とは

祝助 トップ » 祝儀袋の基礎知識 » 中包み 表書きの書き方

祝儀袋/中包み、表書きの書き方


祝儀袋の中包み。表書きの書き方

祝い金を包むご祝儀袋の中包み。
意外と多いのが、何も記載せずお金だけを入れて包んでらっしゃる方がいるという事です。

もちろん、これはマナーに反します。
例え、表書きに名前を記載しているとは言え、多くの招待客が参列する披露宴で、何処の誰なのか解らないと非常に相手側は困る事となります。

また、多くのご祝儀を集計する際、水引や上包みを外していくと、どうしても中包みとバラバラになっていき、誰のご祝儀なのか解らなくなってしまう恐れがあるからです。

必ず中包みには、表に金額、裏に氏名と住所を記入して下さい。

また、祝儀袋の上包みに入れる際、表・裏、上・下を間違いのないよう包む必要があります。

これもご家族が確認する際、スムーズに行えるのと同時に、お祝い事に相応しい縁起の良いマナーでもあるからです。
» 祝儀袋 中包み お金の包み方


祝儀袋/中包み 金額の書き方

【漢数字の一覧】

一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、百、千、万、円
壱、弐、参、四、五、六、七、八,九、拾、百、千、萬、圓

【表書きの一例】

金額の上に「金」。金額の下には「也」を付け加えます。
*『也(なり)』に関しては色々物議があるようです。詳細に関しては下記に記載しております。

祝儀袋の中包み。表書きの書き方

| 祝儀袋/中包み裏側には住所と名前を

中包みの裏側には、住所と氏名を記入します。
このことにより、後でご家族がお祝い返しを行う際、間違いの無いよう整理し易くなるからです。

このように、チョッとした心使いを忘れないようにしたいものです。


【中包み 裏側記入例】

祝儀袋 中包み 裏面 書き方

記入する際、左側下部に住所と氏名、郵便番号を記載します。

また、折り返しの部分は糊で貼った後「」、又は「」という字を上から書き添えます。

最近では、シールの封印マークもありますので使ってみては如何でしょうか。


| 「也」は本当に要るのか

祝儀袋 中包み 金額 也

音読では「ヤ」。訓読では「あり、ただ、また」などとも読みますが、「なり」に関しては、上記の様に「断定の助字」を表す漢字となります。

そもそも、金額に「也」を付けていたのは、「銭(せん)」や「厘(りん)」というお金の単位が使われていた時代にまで遡ります。

この頃の領収書などには、「円」以下の単位に関しては、「四捨五銭」と記入し、端数が無い場合は「也」を記入していました。

なぜ、断定(也)を付けていたかと言うと、「金 5拾壱円(51円)」の場合、下の位に「四捨五銭」を付け加えて小切手などを変造される恐れがあったからです。

そのような習慣が今現在でも残っており、祝儀や香典の金額に「也」を付ける人が居るのです。
しかし、これは「銭」などの単位があった時代の話。今現在用いるのは「おかしい」と言われている方も多いようです。


| 弔辞・慶事の場合の解釈

マナー本などでも様々な解釈がされ、必要ないと仰る方もいれば、「10万円以上のご祝儀の場合は付ける」と仰る方も居られます。
なぜ、10万円以上には「也」を記載するのか・・・。厳密な理由を述べている方が余り居られないので、その根拠がイマイチよく解らないのが事実です。

また、代筆などでは習慣を重んじて「也」を記載するという所も多いようです。

ただ今のご時世、「也」を付け忘れたとしても何の問題も無いようですし、逆に記入したとしても、それもまた問題では無い。
要するに、どちらでも良いという事なのでしょう。

しかし、確かに「也」を付け加えると厳かなイメージは感じられます。
だから10万円以上というのは、あながち理に叶っているのかも知れません。


| 祝儀袋をお探しならココがおススメ!
典礼用品(のし袋・色紙・芳名帳) :ラッピングクラブ

ラッピング倶楽部【Wrapping Club】本店

ラッピング用品はもちろん、ブライダル用品やホビークラフト用品、文具、輸入雑貨などなど、幅広いアイテムを網羅しているネット通販サイト。

そんな専門店が提供するご祝儀袋は、センスも良く非常にお手頃な価格帯で販売されています。

人気の【Mark's/マークス】金封をはじめ、カランコロン京都とコラボレーションした和テイストのカジュアル金封も取り扱っています

また、ご祝儀と一緒にプレゼントもご用意されている方には、ラッピング専門店ならではの様々なアイテムがきっと役に立つはずです♪

代引き・各種クレジットカードでの決算にも対応しいます。

是非、チェックして見下さい!


典礼用品(のし袋・色紙・芳名帳) :ラッピングクラブ

祝儀袋の基礎知識 コンテンツ

祝儀袋、表書きの書き方

最初に迷うのがこの表書き。何て書けばいいのか?と言うか、その前に何を書けばいいのか解らない!そんな疑問にお答えします。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 短冊の注意点

祝儀袋の表書き。最近主流となっている短冊を添えてのスタイル。しかし、ここでもチョッとしたマナーがあります。
詳細はこちら »

代理(名代)の祝儀袋 表書きの書き方

代理(名代)で出席した場合の祝儀袋の表書き。どのように記入すれば良いのでしょうか。
詳細はこちら »

中包み、表書きの書き方

次に迷うのがこの中包み。どこに何を記載すればいいのか。また、包んだ金額に関してもここに記載するのか・・・などなど、中包みの書き方について説明しています。
詳細はこちら »

祝儀袋 表書き 代書

その前に、そもそも字が汚い!ましてや筆ペンなんかで書いたらホントお粗末な字になってしまい、とっても恥ずかしい・・・。そんな人の為に、代筆というものがあります。
詳細はこちら »

文字・数字には注意を

お祝い事で注意したいのが縁起の悪い数字。これは包む金額や記載する数字など全てに当てはまります。どうかご注意を!
詳細はこちら »

祝儀袋の選び方

その地方の習慣などでも変わってきますが、先ず包む金額によっても祝儀袋の選び方は変わってきます。
詳細はこちら »

水引の種類

祝儀袋を飾る水引。しかし、お祝いの種類によってもこの水引は違ってきます。何度あっても良いお祝い事と、一度だけで良いお祝い事。それによって水引の種類も変わってきます。
詳細はこちら »

幾ら包めばいいの?

これが最大の問題ではないでしょうか?お祝いする相手が自分にとってどんな立場の人なのか。この辺からも包む金額は違ってきます。
詳細はこちら »

ふくさ(袱紗)の包み方

意外と知らないのがこの袱紗(ふくさ)。祝儀袋であろうが香典袋であろうが、必ずこの袱紗に包んで持っていくのがマナーです。
詳細はこちら »

のし(熨斗)って何?

あの祝儀袋の右上に付いている飾り。余り意識はしていなかったが何なのだろうと不思議に思われている方も多いのでは?大人の知識として知っておきましょう。
詳細はこちら »

祝儀袋 中包み(奉書紙・和紙)お金の包み方

お金を包む中包み。祝儀袋を買えば必ず付いているので余り問題ではないですが、奉装紙や半紙で包む場合の方法をここではご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋 中袋(封筒)お金の包み方

祝儀袋の中袋(封筒タイプ)に祝い金を入れる場合の向きや上包みへの入れ方などをご紹介。
詳細はこちら »

お多芽とは

オタメ?余り聞きなれない言葉ですが、お祝い返しをする際用いられる祝儀袋です。
詳細はこちら »

ポチ袋とは

小さい頃、誰しも貰ったお年玉。その袋のことをぽち袋と言います。ここでは甥っ子や姪っ子などにあげるのに必要なぽち袋をご紹介しています。
詳細はこちら »

ふくさ・風呂敷のマナー

祝儀袋や贈り物を持っていく際に必要なくるのがこの袱紗(ふくさ)や風呂敷。そんな袱紗の基本的な知識とマナーをご紹介します。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »

祝儀袋の渡し方・マナー

披露宴会場の受付で渡す祝儀袋。しかし、意外とどうやって渡せば良いのか迷ってしまう・・・。
詳細はこちら »